計数機について

計数機は、チラシや発送前の封筒・ハガキの数量を数える装置です。人間が手で数えるよりも高速でかつ正確です。
封筒の数量を計測できる機種の中には、厚みが違ってもきちんと計測できる物もございます。
最近の機種ではパソコンと連動して、記録を残すことの出来るタイプもございます。

計数機の計数方式は、大きく分けて2つの種類に分けられます。

センサータイプ
測定対象物の束の側面をセンサーでスキャンし計数します。 非接触のため、測定対象物に傷を付けないという利点が有ります。 測定部からエアーを吹き出すことによって対象物を捌き、数えやすくする機種もあります。
センサータイプ計数機へ
フリクションタイプ
測定対象物を1通毎にフィードし、計数します。
一定数になったら停止するなどの処理も可能です。
フリクションフィードタイプ計数機へ
ページトップに戻る

封入封緘機(インサーター)を中心にメーリング関連機器を製造・販売|高速機からネオポストなど卓上機まで幅広いラインナップ|BPS( 株式会社ビー・ピー・エス)

COPYRIGHT © 2010 B.P.S. CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.