カード関連処理  -  カード検査・ソーティング装置

カード検査・ソーティング装置(CISS)

カード検査・ソーティング装置(CISS)

製品説明

カード検査・ソーティング装置(CISS)はカード発行機の前後で用いられ、製造ラインの生産性と品質を高めます。この装置は入力側カードマガジン部、中間部、出力側カードマガジン部の3部で構成され、大まかにはソーティングと検査の2つの機能を持っています。
ソーティングについては、入力側カードを任意の出力マガジンに蓄積していくことで、後工程に効率的なカード配列を実現します。検査機能については、中間部に必要な検査装置モジュールを任意に接続することで、ソーティングを行いながら各種検査を実施できます。また、中間部分にはサーマル・プリンタや磁気書き込みなどのカード・パーソナリゼーション用のモジュールも接続可能です。
この装置は最大6,000枚/時の処理速度を持っています。

機能モジュール・オプション(例示)
 ● カード検査カメラ(バーコード、OCR、エンボスOCR、写真認証、等)
 ● 磁気リーダー、ライター(JIS1、JIS2)
 ● ICリーダー、ライター(接触、非接触) 
 ● カード表面のキズ検査
 ● サーマル・プリンタ(カード書き込み用)
 ● インクジェット・プリンタ(カード書き込み用)

ページトップに戻る

封入封緘機(インサーター)を中心にメーリング関連機器を製造・販売|高速機からネオポストなど卓上機まで幅広いラインナップ|BPS( 株式会社ビー・ピー・エス)

COPYRIGHT © 2010 B.P.S. CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.