封入封緘機  -  オプション

ランダムユニセンサー

ランダムユニセンサー

製品説明

OMRマークにより、ランダムに名寄せされた帳票を封筒に封入後、封筒の総厚みをチェックし帳票の名寄せ枚数、又は同封物の封入が正しく行われたかチェックする装置です。(選択封入にも対応可能です。)

ランダムユニセンサーへ各顧客毎の枚数データをオンライン部より送る方法は2種類有ります。
(1)名寄せマーク(OMRマーク)を使用しての枚数管理
(2)ランダムマーク(OMRマーク)を事前に帳票上へ印字しての枚数管理業務ごとの作業履歴が保管・管理できます。
作業開始より機械で封入された通数及び名寄せされた枚数・エラー数を集計します。また、何時何分に厚みエラーが発生したか、何分間機械が停止したかのデータを保管できます。(作業結果は3.5インチのFDに保存が出来ます。)

20種類の業務登録機能
業務ごとの厚みを事前登録(保存)しておくことが可能です。その為、デイリー業務がある場合、その封入内容に変更が無い限りいちいち厚みの設定を行う必要がなく、セット時間の短縮が出来ます。

ページトップに戻る

封入封緘機(インサーター)を中心にメーリング関連機器を製造・販売|高速機からネオポストなど卓上機まで幅広いラインナップ|BPS( 株式会社ビー・ピー・エス)

COPYRIGHT © 2010 B.P.S. CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.