aMICCSについて

企業の書類のやりとりを効率化する各種小型機器

コストダウン・納期短縮・品質保証

「aMICCS」は、人手で行われていた「パラ検」と称される郵便物の外観検査や封緘検査、郵便区分け、結束の各工程を一連で処理します。
システム導入による効果として、処理コストの削減とスピードアップを図るとともに、検査工程の自動化と稼働記録を残すことによる安全性の向上を可能にしました。

メーリング作業に関するこれまでの問題点

aMICCSが提供する解決策

人が行う検査は精度に不安がある 1通毎に連続番号・外観・封緘検査を実施
検査の記録が残らない 1通毎および1束毎に記録が残ります
割符の作成が面倒 結束まで自動で行う為、 郵便に関するスキルは必要有りません
郵便区分は慣れた人で無いと作業が難しい 割符は自動発行されます 万が一欠番等があっても反映されます

各機能の特長

aMICCS

供給部

供給部:郵便物の供給を行います

  • ベルトフリクション方式
  • 封筒の厚みに左右されない機構採用
  • 封筒の積載量に左右されない機構採用
  • セット替え時、左右ガイドのみ変更。送りローラーの調整無し

フラップ検査

フラップ検査:封緘検査を行います

  • 封筒フラップ部にテンション及びエアーを加えて、フラップ開閉検査
  • 下フラップ検査
  • 単体・連動実績:20台以上
  • 単独パネルにてフラップ開閉場所の確認可能

カメラ検査部

カメラ検査部:連続番号および外観検査(業界初)を行います

  • 定型封筒全面を撮像(上下共)
  • OCR・QR Code読み取り(上のみ)
  • 表裏検査(上のみ)
  • 汚れ検査(上下とも)※最大31箇所設定可能
  • 上側:500万画素、下側:200万画素
  • エアー機構搭載(上のみ)※半透明グラシン紙、蝋引き等の対応

集積部

集積部:郵便番号毎に郵便物を束ねます

  • 最大4ポケットまで設定可能。5桁-3桁-2桁-雑の4区分に対応します。
  • 荷崩れが起きないように最大で4等分で互い違いに反転し集積
  • 集積部に一気に落とすのでは無く少しずつ落とす、郵便物に優しい設計

割符プリンター

割符発行・貼付部:割符の発行と郵便束への添付を行います

  • 割符の印刷は印字コストが安いIJPを採用
  • その場で印字するため、事前に準備する手間が無い
  • 郵便束の高さが変わっても確実に割符貼付が可能

結束された封筒

結束部:郵便物を自動結束(十字)します

  • 事前調査で使用例が多かった紐の十字掛けを採用
  • フローレン方式で1巻きにすることにより、紐のコストも低減
  • 郵便物の束の高さに左右されずに確実に結束
ページトップに戻る

封入封緘機(インサーター)を中心にメーリング関連機器を製造・販売|高速機からネオポストなど卓上機まで幅広いラインナップ|BPS( 株式会社ビー・ピー・エス)

COPYRIGHT © 2010 B.P.S. CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.